So-net無料ブログ作成

石塚まみ&西藤ヒロノブDUO@神戸コアキタマチ

2/28、神戸コアキタマチにて、日本とNYを拠点に活躍中の素晴らしいギタリスト・西藤ヒロノブくんとDuo。ヒロノブくんとの共演は、2年前の人吉じゅぐりっとコンサート以来。彼のギターとギタレレは、がつんと心に響いて自然体であったかい。とても心地よいステージでした。

コアキタマチとの出逢いを作ってくれた、トランペットの一生くんに感謝。

そして、ミュージシャンの気持ちを大切にしてくださる館長・棟廣さん、スタッフのみなさまありがとうございました。

スクリーンショット 2016-02-29 17.47.56.png


次回は、7/18(祝・月)中目黒・楽屋にて、西藤ヒロノブくんとパーカッションの石川智さんとトリオライブ決定。まだ先ですが、皆様ぜひいらしてくださいね。

 

 

※そして4/17(日)は、またまた神戸コアキタマチにて、
石塚まみソロライブ「思い出の空」
http://www.corekitamachi.com/event_news/entry-3029.html

スクリーンショット 2016-02-29 17.45.47.png
(ヒロノブくんの友人で、宮崎在住のはちみつを作ってるハチミツ二郎さんが、丁度関西にいらしゃってて、CD販売をサポートしてくださいました。ありがとうございます!)



My Funny Valentine@愛知・高蔵寺バルカフェBuono 

ZOOKAライブの興奮冷めぬ間に、翌2月13日(土)は愛知県高蔵寺・バルカフェボーノにて、mamipiano 「My Funny Valentine」ミニツアー最終日、満員御礼にて終了!
ピアノの状態もばっちりで、幸せな夜でした。一部はピアノソロでスタンダードジャズを中心に、二部はパーカッションの山下圭さんとのDuo。

 

スクリーンショット 2016-02-16 12.32.55.png


リクエストコーナーでは、意表を突いた「母さんの歌」「コーヒールンバ」等をjazzyに。そして渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」も何十年ぶりかに弾き語り[ぴかぴか(新しい)]圭さんの歌で「セロリ」、私の青春時代の18番「オリビアを聴きながら」に続いて「恋のダイヤル6700」をお客様と大熱唱??
『ビルマからの便り』からは「ビルマの少女」、圭さんとのデュエットで「ロンヂーと太陽」も心に響きました。圭くん、素敵なパーカッションと歌をありがとう。また再演を楽しみに!

 

Unknown.png

(右下・圭さんの奥様と生後6ヶ月のいちかちゃんと)

オーナーの治郎丸さんご夫妻、スタッフの方々、雨の中いらして下さった沢山のお客様、ありがとうございました。
満席で予約をお断りしたお客様が多数いらっしゃったそうですが、また弾き語りアルバムが完成したら、リリース記念ライブに伺いますので、是非お会い出来ますように!


ZOOKA祭りライブ〜番外編@楽屋

2月12日(金)、LA在住の弟・Matt雅司が一時帰国を機に、私の4人姉弟による12年ぶりの「ZOOKAライブ」満員御礼!!入り口に溢れるほどの立ち見のお客様もいらしてくださり、最初から最後まで大盛り上がりのライブでした。

久々に集まった4人(私は一番上、妹のRina、弟のMatt、末弟のTAKA)。この日は「思い切り変身したい!ウィッグ被りたい!!」という私の希望に合わせて、妹がたくさんのウィッグを持参。本番前の楽屋で、あれこれ本気で迷う私も、ステージの上での4人も、子ども時代に戻る・・・

スクリーンショット 2016-02-18 17.01.50.png


子どもの頃、私のピアノを囲んで、毎晩セッションした”音遊び”の積み重ね?は、こんな素敵な日のために、繋がっていたんだ・・・と、余韻に浸りながら感じます。

zooka.png
(上・左mami、右Rina/下・左matt、右taka)

MattとRinaは普段、音楽活動しているわけではないのですが、Mattの魂を揺さぶるロック、Rinaの自然体なシャンソン&ジャズの歌も味が出てきていい感じ。いつも共演してるフラメンコ歌手のTakaも、この日は彼の原点である”演歌”(&ラテン)を思いっきり楽しんでいました。

スクリーンショット 2016-02-18 17.03.10.png

また再演を!という声がいっぱい届いてるので、またどこかで集まってライブしたいなと話しています。(海外ツアーも計画中)

聴きにきてくださったお客様、ありがとうございました。
この翌日mattは渡米。

ZOOKAは、私にとって、極上の”音の遊び場”だ!



My Funny Valentine@熊本・ひとよし森のホール〜石塚まみ&石塚たかDUO

2/9(火)石塚まみ「My Funny Valentine」コンサート@熊本・ひとよし森のホール、2/10(水)「石塚まみ&石塚隆充DUOライブ」@「Buono Buono」。フラメンコ歌手の TAKAと共に、久々のDUOでしたが、両日共に楽しい夜でした。

 

スクリーンショット 2016-02-16 12.08.51.png

(森のホールにてリハ中)

初日のコンサートでは、スタンダードジャズを中心に、フラメンコのナンバーも楽しみながら、TV「笑っていいとも!」に二人で出演した時(33年前?!)エピソードも再現!そしてこの日が結婚記念日というご夫婦が二組もいらっしゃったので、歌のプレゼントを贈りました。
二日目のBuonoBuonoでは、イタリアンレストランにちなんで、イタリア歌曲&日本歌曲、オリジナル曲のほか、リクエストコーナーではTAKAが子ども時代の十八番だった「北酒場」演ってしまいました(笑)多分二人とも35年ぶりの共演?歌詞はウル覚えでも、メロディは体にしっかり入ってるもんですね(笑)私の手が、勝手にイントロ弾きだすし〜、そしてどこかフラメンコ風な小節が回る回る(笑)あ〜楽しかった!!会場内は大爆笑!!!私が作曲した「つくしいばらの詩〜おかえりなさい」もリクエストされ、みんなで合唱タイムも素敵でした。

スクリーンショット 2016-02-16 12.09.42.png

 

CD「ビルマからの便り」がきっかけで人吉と出逢って12年。人吉に行くと「おかえりなさい!」と声かけてくださるので、思わず私も「ただいま!」っとこたえます。やっぱり心のふるさとだな〜って感じます。お世話になった、森のホールの小川さん、ボーノボーノの店長・春口さん、聴きにきてくださったお客様、ありがとうございました。

********************


<P.S.>6月には、また「ひとよし森のホール」にて、矢部絹子さんの素敵な朗読とコラボすることになりました。詳細は追ってお知らせします。

 

スクリーンショット 2016-02-16 12.10.44.png

(大好きな球磨川。ここに来ると、ほっとします。/鹿児島空港でバスを待ってる間に足湯〜最高!)

 

 


mamipiano Solo「My Funny Valentine」(横浜)

2月6日(土)、横浜ランドマークタワー・ロイヤルアスコットにて、mamipiano Solo「My Funny Valentine」 コンサート。
ゴージャスな空間でピアノの状態も良く、そしてなによりもお客様から流れてくる”気”がとても素敵で(キラキラオーラがでてました♡)、ピアノ弾きながら、 最初から最後までずっと幸せすぎて・・・
何度かうるうるっときてしまいました。ピアノ・ソロでこんな経験は珍しいのです。
今回はスタンダードジャズをメインに、私のオリジナル曲の弾き語りも織り交ぜながら、あっという間の1時間半。

スクリーンショット 2016-02-12 12.02.00.png


貴重な土曜日の午後、聴きにきてくださったお客様、ありがとうございました。

そして、半年前から企画&諸々の準備をしてくださったコンサート運営事務局の寺沢龍二さん、当日お手伝いしてくださった松田千代さん、青木香さん、松田和子さん(2年前のリサイタルでもお世話になった美女3人!元・JALのCAさんです)ありがとうございました。

スクリーンショット 2016-02-12 11.58.50.png


早速お客様から「再演を!」という声が沢山届いてるので、また季節を変えて、企画予定です。

 

スクリーンショット 2016-02-12 12.01.35.png   スクリーンショット 2016-02-12 12.01.47.png

(左・アイドルグループ元TPDの大藤史ちゃんと。彼女は現在シンガーソングライターとして活躍中/ 右・昨年、秋田のバリアフリーコンサートで素晴らしい講演をされた笠羽美穂さん。彼女はカウンセラー&落語家としても活躍中。素敵な再会に感謝!)


そして明日2月9日は、フラメンコ歌手の石塚隆充と共に、人吉・ひとよし森のホールでmamipiano 「My Funny Valentine」 コンサート。10日は人吉「Buono!Buono!」で
まみ&TAKA クラシカルナイト。2月13日は、山下圭さんと共に高蔵寺・バルカフェボーノにてmamipiano 「My Funny Valentine」 。(その合間に、2月12日は中目黒「楽屋」ZOOKAライブ!)ライブ三昧の2月ですが、横浜のライブで、お客様からいただいたパワーを胸に、大切に奏でてきます!


石塚隆充ツアー@目黒&仙台

フラメンコ歌手の石塚隆充ツアー(1/27?28)

素晴らしいメンバーと共に、目黒&仙台にて熱いステージが終わりました。長距離運転含めハードスケジュールにもかかわらず、温かいハートと音で包んでくれた、レギュラーメンバーのコモちゃん(ベース)、大儀見兄さん(パーカッション)、ゲストの小山豊さん(三味線)、吉田智さん(ギター)、五十嵐一生さん(トランペット)、マネージャーの瀬戸雅美さん(アテネミュージック)に感謝。

 

スクリーンショット 2016-02-03 14.03.07.png


かなりハードな珍道中だったけれど、こんな素晴らしいメンバー&スタッフに支えられ、常に新たなチャレンジを続けながら歌う事ができるTakaは幸せ者だ!Takaもお疲れさま?
20代のTakaが初めてスペイン遊学中、瀬戸雅美さん、私、当時パリ在住の妹とみんなで、カディスの広場に合流した日が懐かしい。(ギタリストの仁くんもいました)

そして、聴きに来て下さったお客様、ありがとうございました。仙台でお箸に挟まれた“おひねり”をいただいたのでアップします(笑)


渡辺真知子さんとデトロイトツアー

1月29日、渡辺真知子さんと二人で、デトロイト公演へ。
スクリーンショット 2016-02-03 13.43.38.png

出発前、散々「デトロイトは激寒だよ〜、鼻も凍るさむさ!マイナス25度!!」等々、脅かされてましたが、なんと異常気象で、日中は10度。予想以上に暖かくて、ゆったりした時間が流れました。

そしてデトロイト到着後、酷い不眠症の私は時差ぼけもなくぐっすり熟睡。非日常の空間で、東京みたいな雑音騒音が無いからかなあ…。
30日は打ち合わせ前に、デトロイトのモータウンミュージアム(スタジオ)に連れていっていただき、若き日のスティービー、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロスetc...の写真を見たり、当時のスタジオを見学して感激!!

スクリーンショット 2016-02-03 13.43.59.png

そして31日、「日本商工会新年会」にてコンサート。500人以上のお客様が集まり、
真知子さんの歌と私のピアノ(デジピでしたが)のDUOで盛り上がりました。
演奏しながら、みなさんとても感動されてた様子が伝わってきました。
CDも完売したそうで、真知子さんはデトロイトでも大人気!

あっという間の3泊5日でしたが、とてもホットできる、いい時間を過ごせました。
真知子さんと2人だけで海外ツアー・・・なんとも不思議です。
きっと”小学生の私”が見たら、びっくりするだろうな(笑)

------------------------------
※ツアー詳細リポートは、渡辺真知子さんブログ(2/29~31)をどうぞ。


メッセージを送る