So-net無料ブログ作成
検索選択

心のふるさと・熊本

熊本大分地震で被災された方々へお見舞い申し上げます。
熊本は20代の頃からご縁があり、故・岩代浩一さん(岩代太郎氏のお父様)が作曲された熊本県内の市町村歌•校歌の歌唱 及び熊本各地で演奏する機会も多く、また10年前からは熊本・人吉との深いご縁もありこ毎年演奏に行ってます(多い時は一年に数回)。いつも熊本のみなさんからパワーをいただき、心を支えて頂いてるような...気が付いたら私にとって"心のふるさと”のような存在です。
まだ余震が続いてるとのことですが、亡くなった方々、被災された方々を思うと胸が痛みます。これ以上被害が広がらないように祈っています。

現地に住む知人・友人から様子をお聞きしながら、被災地の方々に確実に届くルートを調べて、微力ではありますが支援ができればと思っています。

6月8日には、熊本人吉にて、温かい音色を奏でる サックスのTOMAさんと、DUOライブも予定されています。その時には笑顔で、みなさんと再会できますように。

スクリーンショット 2016-04-24 11.15.25.png

弾き語りアルバム「Mami Ballads」5/18発売予定

石塚まみ・弾き語りアルバム「Mami Ballads」が5/18に発売されます。


プロデュースは音楽をこよなく愛す、豊橋「たつおクリニック」院長でもある山本達雄先生。

昨秋から選曲を進め今年の2月に収録。J-popのカバーとセルフカバー含め6曲入りの、私の人生初・ピアノ弾き語りアルバムが完成しました。

スクリーンショット 2016-04-22 16.02.10.png

 

 

私は物心ついた時から、自然発生的に”弾き語り”していたので、この企画がなかったらおそらく、”弾き語りアルバム”は一生作らなかっただろうな・・・と思います。エンジニアは伊豫部富治さん。歌を大切に録ってくださいました。

スクリーンショット 2016-04-22 16.02.21.png

 

リリースライブ第一弾は7月29日(金)松本「ヴィオパーク劇場」、7月30日(土)豊橋「COTY」。その後、地方公演を経て、11月18日(金)東京代々木上原「ムジカーサ」にてスペシャルコンサートを予定。詳細はまた追って掲載します。

是非、このアルバムを聴いていただけたらと思います。(石塚まみライブ会場及び、Amazonでも購入可)


【プロデューサー・山本達雄氏FBより転載】**************************************************


Menue

1.あいにきたよ(石塚まみ)
2.瑠璃色の地球(松田聖子) 
3.海を見ていた午後(ユーミン)
4.オリビアを聴きながら(尾崎亜美)
5.ポプラ通りの家(大野雄二・アニメ)
6.風が待ってる(石塚まみ)
録音:音響ハウス エンジニア:伊豫部富治
高音質UHQCD  二つ折り紙ジャケ仕様 個性的なブックレット付
2300円+税
待望のピアノ弾き語り J-Pop カバー
バラード集で、温かく、やさしく、切ない、
本当に素晴らしいアルバムに仕上がりました。
録音も今はやりの音圧が高い派手な音ではなく、やさしく 温かく 聴き疲れしない自然な音です。
普通に聴くのもよいですが、私のおすすめの聴き方は
「夜 一人で ボリュームをしぼって スピーカーを近くに置いて」です。
「Adult Toy Box」でのマミちゃんは、いつもと違った マミちゃんらしくない いわば ”裏まみちゃん” 、こちらのアルバムはマミちゃんらしい ”正統派マミちゃん” を聴くことができると思います。
ジャケットも採算度外視、まったく小生の道楽で創ったような、質感の高い 所有欲を満たす自信作です。
末永く愛聴盤として大切に可愛がって頂ければ幸いです。
今 暫くお待ちくださいネ。
購入はアマゾンでも可能と思いますが、プロデューサー山本のお勧めの購入法は できれば、マミちゃんのライブに足を運んで そこでサイン入り商品を購入してください(笑)

 

 



「ビルマからの便り」ギャラリー&ライブVol.14 リポート


4月9日(土)「ビルマからの便り」ギャラリー&ライブ@アトリエひらり終了。

2001年にCD「ビルマからの便り」をリリースして以来、今回で14回目を迎えたギャラリー&ライブ。

温かい空間の中で、祖父の後藤一味が戦地ビルマ(現・ミャンマー)で描き、家族に送った絵手紙が、また新たな光を放っていました。70年経った今も、キラキラ輝いてるのが不思議です。

何人かのお客様から「この額はどこで手に入れたのですか?」「絵手紙の絵の具は、どこで入手したのでしょうか?」「戦争中なのに、どうしてこんなに穏やかな絵が描けたのでしょうか?」等々質問されましたのでブログにも掲載しておきます。

額は、私の弟(雅司)が14年前、東南アジアの島を訪ねた際に、この絵手紙に合わせて買って来たもの。

絵の具については謎がいっぱいですが、当時の様子を知る方々にお話を聞いたところ、恐らく戦時中イギリス軍が残していったものではないか?ということです。そして、このような穏やかな絵が描けたのは、ビルマの人々の温かい心に触れ、ビルマの風景や人々の様子を家族に伝えたかったのだと思います。きっと心の中で、一日も早く日本へ帰る日を夢見ていたことは、手紙の文面からも読み取れます。

スクリーンショット 2016-04-14 11.08.56.png

 

今回は、2年前にミャンマーを訪ねた際、ミャンマーの友人・キンエイ・ンゲさんがプレゼントしてくれたオーダーメイドのブルーのロンヂー(ミャンマーの民族衣装)と、ミャンマーのサンダルを履いて演奏。

 

スクリーンショット 2016-04-14 11.10.17.pngスクリーンショット 2016-04-14 11.10.26.png

 

スクリーンショット 2016-04-14 11.10.47.png

 

私は、32歳で戦死した祖父の年齢をすっかり超えましたが、この絵手紙のおかげで、たくさんの素敵な出逢いをいただきました。戦死した祖父の魂は、今でもこの絵手紙と共に生き続けてるような気がします。絵手紙に込められた祖父の平和へのメッセージ、これからも私の音を通して、大切に伝えて行きたいと思います。

飛び入りで演奏してくれたサックスのトマさん、パーカッションでお手伝いしてくださったお客様(Tさん、Mさん)にも感謝です。絵手紙の展示をサポートして下さった“アトリエひらり”の瞳さん、聴きに来てくださったお客様、ありがとうございました。

 


スクリーンショット 2016-04-14 11.10.08.png

 (TOMAさん、大藤史ちゃんと)

※聴きにきてくれた、シンガーソングライターの大藤史ちゃんが、素敵な感想を寄せてくれましたのでご紹介します。

<大藤史さんのFBより>--------------------------------------------------------------

石塚まみ先生の
アトリエピアノコンサート[桜]

「ビルマからの便り」

とっても心が豊かになる
素敵な素敵なコンサートでした[わーい(嬉しい顔)][黒ハート]

タイトルにあるように
会場にはまみ先生のお祖父様が戦時中
ビルマから奥様に送られた
たくさんの絵手紙が展示されていました。

うっとりするほどの
色彩鮮やかな街の美しくあたたかな風景。?

小さな絵葉書の中で?
言葉ではとても表すことのできない
家族への深い愛情があたたかな絵として?
優しく描かれていました。

お祖父様の絵葉書を元に
作られたオリジナル曲の数々。

まみ先生の素敵な音楽に乗って?
まるで絵葉書の中の当時のビルマへ
旅に連れて行っていただいたような
映画の中に入りこんだような
気持ちになりました。

そこはとても明るく
風と緑の匂いがする美しく綺麗な場所でした。

戦時中を生き抜いたお祖父様の想いが
まみ先生の音楽を通じて
わたしの心にも届いた気がします。

それは素朴で愛に溢れたメッセージ。

戦争を知らないわたしたちに
時を経てまみ先生の音楽が届けてくださった
大切なメッセージだと思いました。

またまみ先生オリジナルの「思い出の空」は
わたしの亡き父も大好きだった曲。
涙がこみ上げてきました[黒ハート]

心が洗われる素敵なライブでした

サックスのTOMAさんにも再会できて
とっても嬉しかったです[わーい(嬉しい顔)][黒ハート]

また聴きに行きます?[黒ハート]

スクリーンショット 2016-04-14 11.10.37.png

(終演後・手前で絵を描いてるのは、今回のライブを描いてくださった、画家のかりやじゅんこさん)

4月9日(土)『ビルマからの便り』ギャラリー&ライブ

70年前にビルマで戦死した祖父(後藤一味)が戦地で描き、家族に送った絵手紙を額装中。

この絵手紙を見ると、いつも胸がキュンとなる。家族への思いがいっぱい溢れている。私はこの”絵手紙”から、たくさんのメロディをいただき、CD『ビルマからの便り』が生まれた。このアルバムに私の妹弟も参加。)

4月9日(土)「アトリエひらり」にて、久しぶりに一味さんの絵手紙(17点)を展示してギャラリー&ライブ。春の歌もうたいます。残席少しあるようです。よかったらぜひお越しくださいませ。
-----------------------------
★4/9(土)~素敵な出逢い~『ビルマからの便り』ギャラリー&ライブ
出演・石塚まみ(Piano & Vocal) 後藤一味(絵手紙)
15:30開場/17:00開演 
入場料 ¥3000ー(お茶&お菓子付き)【要予約】※残席僅か
会場・「アトリエひらり」tel.03-5482-2838(つちや)
大田区鵜の木3−4−15(東急多摩川線 鵜の木駅下車・改札左へ・線路沿いに徒歩8分)
◆15:30〜17:00まで、絵手紙・その他後藤一味に関する資料など、ゆっくりご覧いただけます。◆https://itunes.apple.com/…/…/birumakarano-bianri/id641994548

スクリーンショット 2016-04-08 8.17.58.png

メッセージを送る