So-net無料ブログ作成
検索選択
ライブツアー ブログトップ
前の10件 | -

12月19日(土)「五十嵐一生+石塚まみ デュオ・コンサート」 [ライブツアー]

12月19日(土)、神戸にてトランペットの五十嵐一生と年内最後のDUOライブ。昨秋からスタートしたこのDUOも6回目。神戸で初演。どんなサウンドが生まれるだろう…楽しみであります。
私が大切にしてる、”JAZZ DUO”。
ぜひお越しくださいませ。

***************************

12月19日(土)「五十嵐一生+ 石塚まみ デュオ・コンサート

日本屈指のジャズトランペッター・作編曲家の五十嵐一生
透明な情感あふれるピアノ&ボイスで各界での活躍めざましい石塚まみ。
二人の醸しだす幻想的なサウンドは聴く人々の心に感動を呼び起こします

①13時30分〜 ②15時30分〜
(無料)
場所・神戸コアキタマチ

564eb5d477932.jpg


ゆめぽっけライブ終了! [ライブツアー]

8月2日、岐阜『ゆめぽっけライブVol.6』終了。

ゆめぽっけのみんなとのステージは2年ぶり。
みんなキラキラ輝いてたよ。
ゆめぽっけのメンバーのみんなのピアノソロ演奏も、2年前より更にステップアップ。
私の好きな曲のレパートリー(アルベニス、ドビュッシー、リスト、シューマン)がたくさん出て来て、シンクロでびっくりだった(笑)


スクリーンショット 2014-08-10 13.29.35.png


サラマンカホールの響きも最高なので、私たちのゲスト演奏は唄マイク以外は、全て生音で演奏。
トマさんのサックスも、石川智さんのパーカッションも温かくて、本当に幸せでした。

ラストの太鼓とのアンサンブルも楽しかったよ。
私はいつも、その場で突然?!合図もらって、アドリブでフリーソロを弾くのですが、
みんなの太鼓のパワーをいただき、、
今回は、知らぬ間に「こきりこ節」ぶっ飛びまみバージョンを弾いてました〜〜。
智くんもジャンベで、ばっちり盛り上げてくれました!!

スクリーンショット 2014-08-10 13.30.44.png
(打ち合わせ中)

ゆめぽっけは今年で10年目。ずっと続けてきたメンバーの努力も、
陰でサポートするみなさんのパワーも、本当に大変な事です。
このステージに向けて、2年前から毎週練習を重ね、
準備してきたメンバーのみんな、親御さん、サポートメンバーのみんな、スタッフのみなさん、
そして、プロデュース&全体のとりまとめを担当してる私の叔母(浅井敦子)にもエールを送ります。

スクリーンショット 2014-08-10 13.29.25.png

メンバーのみんな、スタッフの方々、トマさん、智くん、ありがとう。

また2年後に、共演できますように。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「FONTE &石塚まみ」ツアー [ライブツアー]

5/30〜31ブラジリアン・ジャズトリオ、FONTEとのツアーが終了!
  <FONTE=中川昌三(Fl)、小畑和彦(G)、安井源之新 (Perc)>
スクリーンショット 2014-06-03 15.45.37.png

熟成されたスーパー・トリオとのライブは、とてもとても中身が濃くて、幸せいっぱいでした。
初日は「ゆとりの風」という素晴らしい料亭にてライブ。満員御礼!
美味しい懐石料理をごちそうになった後に演奏。
私は本番前は、食べられないのですが….、あんまり美味しくて、食べちゃった(笑)
ピアノが無いのでデジピにて演奏でしたが、
FONTEの“溢れる音の泉”の上に乗っかって、出来る限り私の心を伝えたつもりです。
大将が作るお料理、最高でした!いつか、お客としてゆっくり食べに行きたいな。

スクリーンショット 2014-06-03 15.45.49.png

2日目は、浜松のライブハウス「ハーミットドルフィン」。
TAKAライブでは、何度か出演させていただいてますが、ミュージシャンの気持ちを大切にしてくれて、いつも温かい空気が流れてるお店。マスターも奥様もとても素敵です。

スクリーンショット 2014-06-03 15.46.01.png

今回のツアーで、久々に中川さんとのM&Mのアルバムから「My Funny Valentine」、「ジョドプールの風」を演奏。やっぱり中川さんのフルートは極上〜。身体が浄化される感じがする…。
小畑さんのギターも源之新さんのパーカッションも変貌自在!心地よくて、私が思い切り自由になれる〜。
今回のツアーで、FONTEの凄さをまたまた実感。

スクリーンショット 2014-06-03 15.45.25.png
(本番は取り忘れたのでリハ・スナップ)

私のアルバム「思い出の空」からも何曲か演奏させていただいたのですが、
終演後、何人かの女性のお客様が「まみさんの歌、今度自分のライブでも唄っていいですか?」っと声かけてくれて、「もちろ〜ん、どんどん唄ってください〜!」っと私。感激!
♫「風が待ってる」を発掘してくれたのは源之新さん。あの曲をFONTEのアルバムに収録してくれた事がきっかけで、私は日本全国(国内外問わず)、色んな所で唄うようになりました。だから...源之新さんとFONTEに感謝なのです。

思い切り頼りになる、素晴らしい兄貴達とのツアーを終えて、清々しい充実感に包まれてます。(そういえば私は子どもの頃、お兄ちゃんが欲しかったんだよなぁ...)
またFONTEとの共演、楽しみにしています。

たくさん来てくださったお客様、そして「ゆとりの風」&「ハーミットドルフィン」のみなさま、ありがとうございました。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

TOMA & MAMI LIVE @安曇野 [ライブツアー]

5月11日(日)、長野県あづみ野コンサートホールにて『TOMA&MAMI DUO LIVE』。
前日入りして、二年ぶりにホールのベーゼンドルファーのピアノを弾いたら、あまりにも気持ち良くて感動!!ホールの響きも最高で、自分で奏でながら『音浴』してるような気持ちになりました。
優しい気持ち、激しい気持ち、微妙な気持ち...いろんな私の気持ちをそのまま音に表現できる、とても繊細なピアノ。本当に気持ち良くて「わあああ〜〜、なにこれ、、、気持ちいい〜〜最高〜!!!」っと何度も声を出して弾きまくった私です。ピアノの状態、安曇野の5月の爽やかな気候と私の体調も良かった事が重なって、いい感じに溶け合ったのかもしれません。

スクリーンショット 2014-05-12 18.50.57.png
                          (photo by Hitomi)

このホールは、トマさんの音楽紀行シリーズCDがきっかけで出逢い、今年で9回目の公演。いつも応援してくれてる地元のお客様や東京から来てくれたお客様の他、トマさんの小学校同級生が安曇野のホテルに勤務されてる事もあり、同級生のみなさんがツアーを組んで来てくれたり、信濃在住の私の中学校同級生も子ども連れできてくれたり…と、素敵な再会や新たな出逢いがいっぱいでした。

スクリーンショット 2014-05-12 19.12.14.png

今回は私がプロデュース&アレンジ担当したトマさんの「TOMA Ballads3」のお披露目と「安曇野」のアルバムを中心に、盛りだくさんのプログラム。
このホールでは“ベーゼンのピアノの音を体感していただきたい”という私の個人的な思いもあり、必ずピアノソロ曲を演奏しています。ホールが出来てから14年目ということで、ホールもベーゼンのピアノも熟成されてきた感じ。予定外のプログラムでしたが、アルベニスの「アストゥリアス」を演奏しました。ベヒシュタインとはまた違った味わいで、心地よかったですよ。

毎回定番のリクエストコーナーでは、なんとなんと「オリーブの首飾り」が飛び出ちゃって、思わずスキャットで弾き語り(笑)この曲って、私が小学2年生くらいの頃、流行っていたような記憶?!
ポールモーリアオーケストラのヒット曲ですが、日本ではマジックショー等のBGMという印象が強いかな。
いや〜〜40年ぶりくらいに弾いちゃった。それもその瞬間でイメージしたサンバ風・弾き語りバージョン!!
誰かにリクエストされない限りは弾かない曲なので、ある意味新鮮。40年近くも弾いてないのに、あのメロディが身体にしみ込んでるから自分でもびっくりでした〜♫

スクリーンショット 2014-05-12 19.13.30.png

TOMA & MAMIファンクラブも作ってくださり、ありがとうございます。
会長さん、なかなか楽しいキャラで、ごあいさつもうけました(笑)
安曇野は回を重ねるごとに、みんな友達の輪が広がって、みんな同級生気分?!
集まってくださったお客様、館長さん、いつもサポートしてくださってる地元のボランティアスタッフの方々、ありがとうございました。私は色んなツアーが続いた後だったので、打ち上げ後は二次会パスして温泉入って Zzzz〜。。。2年ぶりの安曇野ライブ、楽しかったですよ。また来年も楽しみにしています。

スクリーンショット 2014-05-12 18.51.10.png

アルバム「安曇野」、「安曇野Ⅱ」、ピアノは全て私が弾いてます。(1曲だけ作曲も担当)
トマさんの温かいサックスとmamipianoで、安曇野を描いています。
まだ聴いた事無い方は、ぜひきいてくださいね。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

鹿児島ソロ・コンサート@太陽の里 [ライブツアー]

鹿児島ツアー・ライブリポ(2)

ツアー2日目の3月19日は、鹿児島の日置市伊集院町にある、「太陽の里」という施設でソロコンサート

この施設は山の上にある、歴史のある大きな施設。利用者の方々の平均年齢は私と同年代。九州新幹線、病院、福祉施設、ホテルなどのシーツやカバー等クリーニングのお仕事をしながら、生活されてるとのことでした。
玄関を入ると、理事長さんの佐多京子さん、スタッフのみなさんが明るい笑顔で迎えてくださいました。
理事長さんは少女時代にピアノを習っていたそうですが、戦時中はピアノどころでは無くなりやめたそうですが(戦前生まれとは思えないパワーをお持ちです!)、施設にグランド・ピアノを置いてる事からも、“ピアノが好き”という思いが伝わってきます。スタッフの方々も趣味でジャズバンドをやってるほどの音楽好き。普段はなかなか生演奏を聴けないので、ぜひコンサートを!ということで実現しました。

この施設にはグランドピアノ2つもあります。ロビーにはものすごく歳を重ねたグランドピアノ。(メーカーは忘れてしまいました)そして今回のコンサート会場となった食堂には、ヤマハのセミコンのピアノがありました。このピアノは近くの公共施設に置いてあった古いピアノを譲り受けたとの事。ほとんど演奏される事がなく10年近く調律されてないので、事前に3日間かけて調律してくれたそうですが、きっと調律師さんも大変だったことと思います。

20140327-022717.jpg

年期の入ったセミコンの象牙の鍵盤を初めて触ったら、ものすごく湿気がいっぱいで、数年前に演奏したラオスのピアノを思い出しました。「これは結構手強いピアノだぞ(笑)」っと内心思いながらも、、こういう時こそやる気が出ちゃう私!瞬時に音のバランス、タッチ、音色、会場の響きを身体で感じながら、ご高齢のピアノちゃんとお友達になって、私なりに、出来る限り最高の状態&気持ちで演奏できるように、これから始まるコンサートのプログラムをイメージ。「よーっしゃ、楽しいライブにしよう〜!!」っと心に決める。

利用者さんの夕食が終わり、夜18:00、いよいよ開演。
クラシックの名曲(ホルスト、シューマンの作品)を弾き始めたら、みんな楽しそうな表情〜。
そして日本の歌から「リンゴ追分」「春が来た」等、この日の気分でジャズ風アレンジで演奏。スタンダードジャズから「Take the Atrain」、「Moon River」などなど弾き語りしていくうちに、鍵盤は湿気でどんどんべたべたしてきて、だんだん音が狂ってきてあらららら....(笑)でも、楽しくてあっという間の50分。

最後の「風が待ってる」が終わるとアンコールの拍手が!
「せっかくなので、何かリクエストありますか?」と尋ねると、ある男性が一生懸命にリクエスト曲を書いた紙を渡してくれました。そこには、私が好きなショパンの名曲がずらり。しかも私が中1の時から弾き続けてる「英雄ポロネーズ」も書いてあり感激!時間の都合で「ノクターン2番」と、他にもリクエストされた「小犬のワルツ」を演奏。
実は私、「ノクターン2番」を人前で弾くのは約20年ぶり?!レパートリーとしてメモリーしてるとは言っても、大丈夫かしら?なんて一瞬思ったけれど、、、ちゃんと身体が覚えていました。少女時代から好きで、かなりの時間弾き込んだ名曲は身体の細胞にしみ込んでいるものだな〜と実感。(とはいえ、人前で演奏させていただくわけだから、もちろん日々練習&修行しないとダメ...)

写真.JPG


みなさん大きな拍手で包んでくれて、今迄で一番幸せな気持ちで、ノクターンと小犬のワルツを演奏させていただきました。
ラストはみんなで「ふるさと」を唄ってお開き。とても温かい時間でした。

余談ですが、このリクエストカードをくれた男性は、毎日、事務室に来てスタッフの方々に「○○をリクエストするんだ...」と、私のコンサート楽しみにしていてくれたそうです。リクエストカードは記念に、大切にします。次回は「英雄ポロネーズ」を弾きますね!!

20140327-030348.jpg


「太陽の里」のみなさん、ありがとうございました。そして車で引率してくださった「博風会」の濱田さん、ありがとうございました。また再会を楽しみに!




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

鹿児島ソロ・コンサート@博風会 [ライブツアー]

遅ればせながら、鹿児島ツアーのライブリポ(1)です。

3月18日、鹿児島の曽於市にある博風会にて、ソロコンサートでした。

この施設を訪ねるのは初めて。鹿児島空港から車で約一時間。私の友人のご両親が理事長をされてる施設で、豊かな自然に囲まれたとてものどかな場所にあります。特別養護老人ホームや作業所もあり、施設で生活してる人、デイサービスを受けに来る人、作業所でお仕事をする人等々...色んな方々が利用されてます。
「なかなかコンサートを聴く機会が無いので、本物の音に触れさせたい」理事長さん&スタッフのみなさまの思いから、演奏依頼を受け、このたびやっと実現。“音の種まき”活動をライフワークとする私は、喜んで〜!!参上しました。

この施設にはピアノは無いので、この日の為に鹿児島市内の楽器屋さんからグランドピアノをレンタルしてくださいました。鹿児島は東京と違ってピアノ屋さんの数も少なく、グランド・ピアノを調達するのも大変だった事と思いますが、調律もばっちりで気持ちよく演奏させていただきました。

会場はランチルーム兼メインホール。天井も高くて、響きも丁度良い感じ。
昼食の後、利用者の方々や地元の方々…約100名くらい集まってくださいました。

オープニングは、私が子ども時代から好きなホルストの「Jupiter」。そしてシューマンの『子供の情景』から3曲。久々にシューマンの小品を3曲続けて弾きましたが、この曲が時空を越えて、世界中の人々に愛されてる意味を実感。奥が深くて演奏しててもじわっと胸に来る。やっぱり私はこの曲が好きだな。その後、私のオリジナル、ジャズ、日本の名曲…と、その場の空気を読みながら、ソロ演奏&弾き語り。

スクリーンショット 2014-03-25 12.06.42.png

コンサート中、元気系の曲やリズミカルな曲を演奏する度に、とてもニコニコしながら拍手と歓声をあげて喜んでくれる女性がいました。その女性は家族から暴力を受け、打ち所が悪くて脳に障害を持ってしまい、この施設に入ったそうです。その事実を聴いてかなりショックでした。でも、私の音楽で少しでも楽しんでくれたなら、少しでも幸せな時を感じてくれたならと思います。
最後は「風が待ってる」を弾き語り。アンコールは「ふるさと」をみんなで唄いました。一緒に唄いながら、たくさんのパワーをもらいました。毎度の事ながら、ライブはお客様とパワーを交換する場所のような気がします。

終演後は、近くのウォーキングコースをお散歩。
ツアー直前に体調を壊してた私ですが、鹿児島に着いたら空気も水も美味しくて、地元の人々のみなさんの温かさに包まれて、体もどんどん調子良くなりました。

博風会のみなさん、ありがとう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

渡辺真知子・名古屋ブルーノート〜ビルボード大阪ツアー終了。 [ライブツアー]

常に現在進行形のシンガーソングライター・渡辺真知子さんと、最近益々サウンドが溶け合って来たSpecial Eggトリオ(まみ、コモブチキイチロウ(B)、加納樹麻(Dr))、そしてアンディ・ウルフ(T.Sax)さん、佐久間大和(Vln)さんが一体になり、満席&大盛況のステージだった!
ステージ上の私の場所からは、全員の顔が見える(バンマスだし)のですが、とにかくみんな笑顔が止まらない!お客さんは満席だし、真知子さんの歌もノリノリだし、メンバーもみんなそれぞれに自立してて、ハート溢れるミュージシャン。それぞれの音(言葉)を感じ合ってサウンドを紡いでる感じがした。これって最高に幸せな事です。

ビルボード大阪の1ステージ目の「ブルー」で、ミラクルが起きた。
ピアノのイントロで始まり、心の感じるままピアノを奏でてゆくのですが、(いつもその時の気持ちで弾くから毎回違う)、何か久々に特別な空気が流れて真知子さんの歌と一緒に、みんなで深い所へ旅した感じだった。
「ブルー」を唄い終わった直後、真知子さんの目に涙が...。そして私の所に来て握手...。こんな事初めての経験。
私はこの時「ブルー」の世界に入り込んでたので、何が起きたんだかわからないほど?良い意味で「無」だった。
コモちゃんのベースも樹麻くんのドラムも感度よくて、真知子さんの歌と私のピアノを感じてくれて、みんなが一体になってたんだ...って思った。

詳しい事は渡辺真知子さんのブログを読んでくださいね。

終演後のビール、美味しかった〜!みんな良い顔してる!!!

1604558_273817992774560_534286219_n.jpg

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

渡辺真知子コンサート2014・スタート! [ライブツアー]

真知子さんとの年明け初ステージは1/16(木)JFN新春首脳懇親会。
ラウンジの窓からは、お堀とスカイツリーまで見えて、夜は満月。ナイスビューでした!
(半蔵門にあるTFMラウンジの『ジェットストリーム』にJAPAN FM NETWORK 全国各局の社長様たちが集まる懇親会)真知子さんの歌と私のピアノ1本。真知子さんのバンマスを担当するようになって数年が経ちますが、年明け初仕事がDUO形式というのも、気持ちがきりりと引き締まっていい感じ!

スクリーンショット 2014-01-26 15.31.21.png

そして1/18(日)は、新宮の紀宝町“まなびの郷”にて「2014渡辺真知子コンサート」レギュラーメンバーのSpecial Eggトリオ、チームKAMOMEのスタッフ全員集まりました。

新宮という場所は生まれて初めて。東海道新幹線で11時過ぎに品川を出発。名古屋でワイドビュー南紀に乗り換えてから3時間半、新宮に到着したのは4時半。移動は半日がかりだったけれど、とてもとてものどかで素晴らしい町でした。この辺りは2011年に台風の被害で大変な状態だったとのことですが、“まなびの郷”は設立10年目で、ボランティアスタッフの皆さんのパワーも素晴らしく、お客様もいっぱい!とても温かいコンサートでした。


スクリーンショット 2014-01-26 15.30.53.png


空き時間に、世界遺産になった熊野速玉大社を訪ねました。とっても落ち着いた気が流れていて、心が洗われるような気持ちになりました。更に、私が大好きな海の幸もとっても美味しくて、二日間も同じお店でごちそうになり感謝〜!!

スクリーンショット 2014-01-26 15.31.44.png



そして翌日、帰宅直後に大学時代の懐かしい友人からメールが!!
「...いまホームページ拝見してびっくりしました。三重県紀宝町の真知子さんのコンサートに、昨日いらっしゃったとは・・!!私の故郷の熊野市の隣町ですよくぞ遠路はるばるありがとうございます(感謝)…[中略] お時間あったら、熊野三山や那智の滝おまわりください。那智の滝はかなりのパワースポットです。めはり寿司も召し上がってくださいね[ほっとした顔]

彼女は結婚して東京在住。思いがけず、とても嬉しいお便りでした。


スクリーンショット 2014-01-26 15.31.07.png


真知子さんのツアーはまた月末から始まります。1/31名古屋ブルーノート、2/1はビルボード大阪。
真知子さん、ベースのコモちゃん、ドラムの樹麻くんと共に、今年も盛り上がって行きますよ!!!

(詳細は渡辺真知子さんのHP&ブログをご覧ください)








nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

石塚隆充ツアー終了! [ライブツアー]

フラメンコ歌手?石塚隆充ツアー(第二弾)11/21(木)いわき@Bar Queen?11/22(金)仙台Jazz me blues nola、終了。

いわき&仙台Takaツアーは二年前の復興支援ライブ以来でしたが、今回も盛り上がり、又々お客様からのパワーと温かさに感謝。お客様から、おいなりさん&おにぎりの差し入れ、鹿児島から祝電、山形から日本酒が届いたり、津軽から聴きに来てくださったお客様もいらっしゃったり...。
今回のツアーの中で印象的だったのは、ツアー中の短いリハ時間の中で、みんなでアレンジしたTAKAバージョンの「また会う日まで」。大好きな昭和の名曲。TAKAの歌声にピッタリで、メンバー4人のコーラスが又いい味出してる!
そして「ベサメムーチョ」も、私は毎回楽しみだった。TAKAの歌を中心に、コモちゃんと大儀見さんの絶妙なリズムセクションに大きく包まれながら、私のアプローチも毎回変わってゆき、思い切り安心してピアノを奏でられる幸せをいつも感じてた。本当に最高に楽しいバンドだなあ。
今回のツアーで更にバンドのサウンドが深くなってきた所で、ツアー終了は淋しいけれど、又来年も続きますように☆リーダーのTaka、パーカッションの大儀見元さん、ベースのコモちゃん、お疲れ様!
聴きにきてくださったお客様ありがとうございました。

そして私は仙台から東京を通過して、フラメンコギタリストの沖仁くんのツアーで名古屋大阪へ…。

1457763_676759765677623_64611345_n.jpg


1471193_676759705677629_2041692716_n.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

石塚隆充アルバムリリースツアー(第三弾) [ライブツアー]

末弟・フラメンコ歌手の石塚隆充ライブツアー、再開しました。

11/5(火)横浜「KAMOME」、6(水)浜松「ハーミットドルフィン」〜7(木)津「エビイロ」。いずれも沢山のお客様に来ていただき、それぞれ違った空気の中で、素敵なツアーとなりました。

浜松では、フラメンコギタリストの鈴木尚さん(浜松在住)が飛び入りでTAKAとDUO、そしてFONTE、まみトリオでも同じみの、パンデイロの名手・安井源之新さん(浜松在住)が飛び入りで「メケデ」をセッション。今回もパンデイロをたくさんまわしてくれました〜(笑)そして津では、今回大儀見さんのアシスタントで同行してくれた、若手女性パーカッショニストの岩月香央梨さんが、アンコールで飛び入りセッション!いや〜フレッシュで素敵だった。(これからの活躍がとても期待されます)

スクリーンショット 2013-11-16 11.51.40.png
今回のツアーでも、TAKAの歌が冴え渡り、パーカッションの大儀見さんとベースのコモちゃんによる、スーパーリズムセクションのサポートにより、ミラクルなサウンドが生まれる瞬間多々あり!だんだん面白くなってきた〜。最高のメンバーとの演奏も、ステージを重ねるごとに熟成されてくる感あり。そして終演後は飲みながらあれこれ語ったり、アレンジの相談したり...みんな前向きで、人間味溢れる素敵なメンバーとのライブツアーは幸せです。

余談ですが、浜松から津へ移動する途中、大儀見さんオススメの瀬戸のうなぎやさん「田村」にて、みんなで鰻丼を食べました。この店は注文を受けてから鰻をさばき、炭火で焼くという事で、注文してから30分以上はかかるのですが(お店の前に長蛇の列)噂通り素晴らしい鰻丼でした。
並は1匹、上は1.5匹分の鰻がのっかってるのです!!
私にとって鰻丼なんて食べるのは約20年ぶり。(鰻は嫌いなわけじゃなけど、特別食べたいとは思わなかったんだよね...)いや〜〜、翌朝まで全然お腹がすかなくて、うなぎパワーにビックリでした。津のライブ中、うなぎパワーで頭がグルグル状態でした☆

スクリーンショット 2013-11-16 11.50.48.png

思い起こせば子供の頃、あんな小さかった末弟TAKAに、鰻丼をゴチになる日がくるなんて...っと姉モードに戻ったり、ステージではミュージシャンモードになったり…(笑)TAKAよ感謝!
コモちゃんと大儀見さん、毎度の事ながら運転していただき感謝です。

ツアー第4弾は、今月21日からスタート(いわき&仙台)。楽しみにしています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ライブツアー ブログトップ
メッセージを送る