So-net無料ブログ作成

『ピアノ調律師』 M.B.ゴフスタイン

12月7日(木)

中井貴惠さんの朗読と私のピアノによる「おとな絵本の朗読会Vol.1」から3週間。

あの感動のステージ&放心状態からやっと平常心に戻ったので、思いを綴ってみます。


貴惠さんとの

共演は6年ぶり。今回は貴惠さんが翻訳された『くるみ割り人形』と、私が大好きなアメリカの絵本『ピアノ調律師』の2作を共演。

 

『ピアノ調律師』という本は、以前、名古屋在住のお客様からプレゼントしていただいた絵本。M.B.ゴフスタインさんの絵と物語がとても心に沁みて、ずっと大切にしていました。まさか中井

貴惠さんの朗読と共演できる日がくるとは想像もしませんでしたが、秋からリハーサルを重ね、曲を書き、初演できたことに感謝です。

貴惠さんの朗読は、まるでそこに登場人物が降りてきたかのような...とても深みのある声と語り。共演しながら、宇宙に飛んでゆくような瞬間を感じます。

当日のピアノは、私が幼少の頃からお世話になってる調律師の伊藤力生さんに調律していただき、安心して演奏に集中できました。

 

 




スクリーンショット 2017-12-28 11.45.40.png


もう一つ嬉しかったのは、この絵本をくださった中川友厚さんが、名古屋からかけつけてくださったことです。終演後に再会したとき、感動で言葉になりませんでした。彼女がいなければ『ピアノ調律師』の初演はなかったのですから・・・



スクリーンショット 2017-11-14 10.51.33.png



あれから3週間。

「来春、ゴフスタインさんに会いに行きたい・・・」

っと夢を描きながら、このブログを書いてたら、”ゴフスタインさんが12月20日に他界された”との訃報が届きました。


なんだかとても淋しいけれど、

『ピアノ調律師』を通して、ゴフスタインさんという素晴らしいアーティストと出逢えたこと、中井貴惠さんと初演できたことに大きな意味を感じます。

そして、これから貴惠さんと共にいろんなところで、『ピアノ調律師』を発信できますように!


マリリン・ブルック・ゴフスタインさんのご冥福をお祈りします。


nice!(1)  コメント(2) 

パイプオルガン [音楽]

12月25(月)川口リリアホールにて、生まれて初めてパイプオルガンのクリスマス・コンサート(発表会)に出演。バッハを2曲弾きました。たったの3分だけど、とてもとても貴重な3分でした。


自分の順番を待って、”名前を呼ばれてお辞儀をする”なんて、何十年ぶりでしょう?

とても新鮮な気持ちになりました。


この会場のパイプオルガンを弾くのは、今回で3回目。

50年以上弾き続けてきた”ピアノ”は、私にとって体の一部。

パイプ・オルガンは....まだまだ初めの1歩(笑)

そんな私の人生初パイプオルガン・デビューを聴きにきてくれた、友人・知人に感謝です。


スクリーンショット 2017-12-27 12.30.40.png

私とパイプオルガンとの出会いは、4歳の頃。
大阪万博の会場でパイプオルガンの生演奏を聞いて、とても感動した記憶があります。
小学生の頃、学校の掃除時間になると、校内放送で「小フーガト短調」が流れており、あの時からずっと、バッハに洗脳されたような気がします(笑)今でも、小フーガを聞くと思わず「掃除の時間になりました・・・」っというアナウンスが聞こえてきます。



スクリーンショット 2017-12-27 12.54.26.png
そして、ちょうど10年ほど前、田園調布教会でパイプオルガンを弾かせていただいた時、「いつかちゃんと勉強したい・楽器のことをしりたい」と思いました。私はピアニストなので、もちろん自己流で弾くことはできますし、jazz的に弾くこともできますが、楽器のことを知らずに適当に弾くのは「楽器に失礼だ!」っと感じました。
歳を重ね、やっと今年の春からレッスン開始。
本業のピアノ演奏活動と並行して、月に一度オルガンのレッスンを続けるのは大変なことですが、のんびりマイペースで、続けて行こうと思っています。そして素晴らしい先生(オルガニスト・長井浩美先生)に出逢えたことに感謝。
 
いつか、mamiピアノ&パイプオルガンコンサートの夢が実現できるように、
修行積んでゆきます。
<P.S.>
翌日、朝日新聞でパイプオルガンの記事が載ってたよ!と友人から写メ。
しかし”ピアノ”も職人の魂が込められたすごい楽器ですが、
”パイプオルガン”は楽器の王様のような、まるで建築物のような...ものすごい楽器。
スクリーンショット 2017-12-27 12.55.59.png
 

nice!(0)  コメント(0) 

第24回日本プロ音楽録音賞・最優秀録音賞受賞!


ステレオサウンドから発売された、ハイレゾチェックディスク『TOMA & MAMI with SATOSHI』が、24回日本プロ音楽録音賞にてハイレゾ部門(2ch)で最優秀録音賞受賞!

受賞エンジニアは、いつもお世話になっている高田英男さんです。(12/6発表


収録の様子・動画はこちら。https://www.youtube.com/watch?feature=em-share_video_user&v=1anvNz4gqi0&app=desktop


TOMA & MAMI with SATOSHI』・・・TOMA(Sax)、石塚まみ(P&Vo)、石川智(Perc)の次回ライブは、2018年6月2日(土)中目黒「楽屋」にて決定!


 


スクリーンショット 2017-12-08 13.09.14.png


 


 


 


 


 



nice!(1)  コメント(0) 

かわいいお手紙

11月26日、毎年恒例・豊橋たつおクリニック院長・たつお先生プロデュースによる「まみ・アコースティックライブ」に来てくれた、可愛いお客様からのお手紙、沁みました。



お兄ちゃんと妹ちゃん。

ピアノを習ってるそうです。


スクリーンショット 2017-12-03 12.28.22.png



一生懸命書いてくれたお手紙の内容は、ひ・み・つ(笑)





 




nice!(0)  コメント(0) 

ピアノの調律

先日、蒲田の実家にあるアップライト・ピアノを調律していただきました。

このピアノは今年で51歳。

かなりのおばあちゃんですが、可愛くてあったかい音がします。

私は3歳からこの”ピアノ”を弾き始め、このピアノのおかげで”今”があります。


スクリーンショット 2017-11-22 10.55.15.png


調律は、私が幼少の頃からずっとお世話になってる伊藤力生さん。

いつも丁寧にメンテしてくださるのですが、

今回は ”欠けてる鍵盤” の盤面を数枚張り替えてくれました。


スクリーンショット 2017-11-22 10.55.34.png    スクリーンショット 2017-11-22 10.55.26.png


実はこれ、弟たちが幼い頃いたずらして、ドライバーでコンコン叩いて欠けちゃったのですが(笑)

思い出いっぱい詰まった古い盤面を捨てられず、記念にとっておくことに。


12月7日に中井貴惠さんの朗読ライブで『ピアノ調律師』の絵本を共演するので、調律してるところを、少しだけ見学させていただき、いろいろご指南いただきました。(『ピアノ調律師』作・M.B.ゴフスタイン/調律師のおじいちゃんと、孫のデビーの愛情溢れる物語)

伊藤さんの調律する姿を、後ろからずっと見てたら、ピーンと張り詰めた緊張感の中、息を飲む瞬間多々あり。魂こめて、調律する姿、音を創る姿・・・改めて感動しました。ピアノの隅々までお掃除&修理から始まり、調律 etc...朝10:00〜17:00まで長時間、しっかりとメンテしてくださいました。


表舞台には絶対に出てこない調律師さんの仕事。

調律師はただ音を合わせるだけではなく、ピアニストが気持ち良く演奏できるように、”心と気”を感じとって、音を創り出す、ピアノのお医者さんのような、大切な存在。

演奏活動する中で、国内外でいろんな調律師さんと出逢いましたが、出逢ったからこそ、改めて伊藤さんの素晴しさと、ピアノに対する愛情を感じます。いくら古くなったピアノでも、心をこめて調律・メンテして弾いてあげることで、ピアノは生き続けるということも実感します。
現在私は、自宅のグランドピアノで練習してますが、この古いアプライトピアノはリハーサル&レッスン等で活躍中。このピアノを弾くと、やっぱりホッとします。私が生きてる限りは、大切に弾き続けたいと思っています。
*****************************************
”石塚まみホームページ”が下記のURLに変わりました♫
ブログ、ライブスケジュールは今まで通りのURLにリンクしております。

nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る