So-net無料ブログ作成
検索選択

「第4回まみのなつまつり」共演メンバー紹介(TOMA)

「第4回まみのなつまつり」まで、あと少し!


今日は、レギュラーメンバー・サックスのTOMAさんをご紹介します。


★TOMAさん(サックス)


青山生まれ。ビクタースタジオでエンジニアを経て、現在はサックス奏者として活動中。東京都ヘブンアーチストとしてストリートライブも展開。心がほっこり温まるサックスの音は、老若男女に愛されてます。


TOMAさんとの出逢いは、私が確か24歳の時なのですごい共演歴(笑)
私が中学校教員時代は、毎週末、TOMAさん率いる”TOMAS Band”の練習に参加。その後、ANA機内放送、教育アニメ「しまじろう」の音楽制作等々、数えたらきりがないくらい、たくさんの音楽を一緒に作りました。
アルバム「TOMA Ballads」シリーズ(mami プロデュース)も好評発売中。
最近ではStereo Sound のハイレゾ・レコーディングで誕生した、「TOMA & MAMI with SATOSHI」トリオで定期的にライブも開催。


そんなTOMAさんが「まみのなつまつり」の”ま組”ロゴに感化されて、トイレットペーパーの芯でこんなすごい”ま組”を作ってくれました。


 


スクリーンショット 2017-08-18 13.16.47.png



夢、愛、優、響・・なんと素晴らしい、トイレットペーパー芯アート!!


 


スクリーンショット 2017-08-18 13.20.27.png


スクリーンショット 2017-08-18 13.20.37.png


 


今年の夏祭りでは、「ひまわり」「いとしのエリー」他、トマさんのオリジナル曲も演奏予定。お楽しみに!


===============
・Stereo Sound からリリースされた、ハイレゾ音源のレコーディング風景・PVもできたのでご覧ください。エンジニアの高田英男さんが、ハイレゾレコーディングについて説明してます。(演奏風景:TOMAさんは4’30”あたり、私は6'00"辺りにちょこっとでてきます)
https://www.youtube.com/watch…


 


・TOMAさんのストリートライブ風景。(バックに流れてるオケはmami作)
 https://www.youtube.com/watch?v=zn2RAAjEvPs


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実』

8月12(土)15:00〜16:24TBSテレビで放送された『終戦72年特別番組 秘密〜いま明かされる4の真実』で取材を受けました。


ビルマで戦死した祖父・後藤一味が戦地ビルマで描き、日本の家族に送り続けた”絵手紙”(約100枚)、そしてイタリアでの演奏風景もほんの少し紹介されました。
http://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201707281639.html


スクリーンショット 2017-08-15 21.24.56.png

 

アルバム「ビルマからの便り」は、この”絵手紙”の絵をテーマに作曲。

というか、”絵手紙”を見ていたら、メロディが自然に降りてきたのです。(弟のMasashiも二曲提供)

 

スクリーンショット 2017-08-15 21.25.53.png

 

今回の取材で、久しぶりに祖父の絵手紙と手紙を読み返し涙がこぼれました。

「美智江(私の母)は元気かね?お父さんが帰る時には、お土産を買って行くよ...」っと、小さな文字でぎっしり書いてあります。

どれも愛する家族へのラブレター。
絵手紙はビルマの穏やかな風景や人々の絵ばかり。
きっと祖父は、平和を祈るメッセージをこめて描いたのではないかと思います。

今回の取材は、7月末、イタリアツアーの直前に、HPを辿ってディレクターさんから取材の依頼され、8月4日に取材を受けました。

全く予想していなかったTVの取材。これはきっと、祖父の仕業かな?っと思っています。

スクリーンショット 2017-08-15 21.26.20.png

 

イタリア、人吉、ミャンマーetc...

たくさんの”素敵な出逢い”を、祖父の”絵手紙”がつないでくれました。

 

スクリーンショット 2017-08-15 21.26.29.png

 

毎年この時期になると、今こうして演奏活動出来ることに感謝しなくては…と、平和について考えさせられます。

戦後72年。私の“音楽”を通して祖父の”メッセージ”を発信することが、私のライフワークの一つであると信じています。

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 

人吉ソロコンサート × 小川万莉子「風の通り道」絵画展 [アート]

8月9日(水)熊本・ひとよし森のホールにて、画家・小川万莉子さんの作品展「風の通り道」とのコラボでソロコンサート


スクリーンショット 2017-08-15 19.39.35.png


 


万莉子さんとの出逢いは昨秋。熊本復興支援コンサートの際、会場に展示されてた「風の通り道」と言う作品を見た時、メロディが聴こえてきました。


 


スクリーンショット 2017-08-15 19.40.22.png


 


今回、万莉子さんの作品の中で、色んな“音の風”を奏でましたが、彼女の作品の中に身を置くと、身体がほぐれて心が浄化されて行くのがわかります。作品をテーマに即興演奏したり、新曲「風の通り道」も初演。


衣装はmami作で、万莉子さんが描いてくれました。

 

スクリーンショット 2017-08-15 19.39.45.png

(「祈りの音」と万莉子さんと)

 

「祈りの音」と言う絵は、私の「Pray〜祈り」を聴きながら描いてくれたそうです。それを聴いて…また涙。イタリアに続いて夢のような時間でした。

万莉子さんは熊本・錦町の出身で東京在住。絵画展は20日まで開催されてます。ぜひみなさん、万莉子さんの作品を体感してください!

 

雨の中聴きに来てくださったお客様(東京からも)、アンコールで飛び入りしてくれた、菅野大地さん、まつだようこさん、佐藤順子さん、そして、いつも素晴らしいご縁を繋いでくださる“森のホール”に感謝。

スクリーンショット 2017-08-15 19.39.56.png

 

スクリーンショット 2017-08-15 19.40.08.png

(イタリアでお世話になったミラノ在住・堂満さんが一時帰国と重なり、聴きにきてくださいました)

スクリーンショット 2017-08-15 19.39.25.png

(リハ風景/右上の「piano」の絵は、万莉子さんがプレゼントしてくれました)


nice!(0)  コメント(0) 

イタリア・ソロライブツアー(3)

7月31日。


マッジョーレ湖畔にあるRistorante Milanoにて、イタリアツアー最終公演終了。



お店自体が芸術作品の様な、とても深みのある素晴らしいレストランで、美味しいディナーをいただきながらのコンサート。プログラムも決めず、その場の気分で自由に奏でました。


お客様との素敵な出逢いや再会もあり、また忘れられない一夜に…。


 


スクリーンショット 2017-08-14 13.57.50.png


知らぬ間に、女の子が立っていました。


彼女はレストランのシェフのお子さんだそうですが、いつもは走り回ってるのに、私の演奏をずっと聞いてくれてたそうです。嬉しい瞬間でした。


 


スクリーンショット 2017-08-14 13.56.38.pngスクリーンショット 2017-08-14 13.56.47.png


 


26日から始まったイタリアツアーも今日で終わり。三ヶ所それぞれに違った味わいがあり、とても幸せな一週間でした。


 5年前、ミラノで開催されたJapzitalyジャズフェスで私が演奏した「Pray〜祈り」がきっかけで、今回のツアーを企画して下さり、ピアノ&音響手配から観光案内まで、色々お世話してくださった堂満尚樹さん、そして奥様に感謝でいっぱいです。


 スクリーンショット 2017-08-14 14.06.26.png

 

 

 

スクリーンショット 2017-08-14 13.56.29.png

(5年前のJapzitalyで出逢った、ミラノ在住の河見恵子さんも聴きに来てくださり、素敵な再会も!)

 


nice!(0)  コメント(0) 

イタリア・ソロライブツアー(2)

7月28日、フィレンツェへ移動。

ホテルのすぐ近くにはサンタクローチェ聖堂。あまりにも素晴らしくて、一人、呆然と立ち尽くしてしまいました。何だか大昔に来た事があるような...不思議な気持ちになってしまったのはなぜだろう?

スクリーンショット 2017-08-06 22.25.56.png

29日はお城の様なこの素敵な音楽堂(Firenze : Relais Santa Croce)で演奏。

天井が高くて、生音の響きが心地よくて…。サウンドチェックしてたら気持ち良くて、一時間くらい弾いてしまいました。

 スクリーンショット 2017-08-14 13.49.52.png

 

そして本番。

素晴らしい空間で”生声”で歌うことできて良かった。
ピアノは古くて、ご機嫌伺いながらの場面もあったけど(笑)、そんなの飛び越えてとても幸せな時間でした。

真剣に聴いてくださるお客様、温かい拍手と終演後の握手、沁みました。

スクリーンショット 2017-08-14 13.49.29.png

協力してくださったKazukoさんはなんと岐阜の大垣出身!(ビルマで戦死した祖父と同郷)ご自身も歌を歌っていらっしゃるとのこと。とても素晴らしい方でした。そしてプロデューサーの堂満さんも、声楽を勉強されてる方なので、音楽的な細かい所まで気配りして下さり、安心して演奏に集中できました。感謝。

 


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る