So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

Pavane (アカペラ)

「亡き王女のためのパヴァーヌ」という邦題で親しまれている、モーリス・ラヴェル作曲の「Pavane」。

私が幼少の頃から大好きなピアノ曲。


10年くらい前、ボイスとマリンバのDUOのために編曲して以来、

ボイスとピアノ(弾き語りスタイル)で演奏を続けている。


いつだったか八ヶ岳をさんぽしてたら、とても心地よい”天然リバーブ”の空間に出逢った。ふ〜っと声を出したら気持ちよくて、片っ端から好きな曲を唄いまくり(ちょうど人もいなかったので)、iPhoneで収録。


その音源を聴きながら、たまたま八ヶ岳で撮りためてあったスナップ写真を重ね、

iMovieで動画を作ってみた。


「なんて便利な世の中だろう・・?」


メカに弱い私が、こんな動画をアップするのも不思議な気持ち。

”天然リバーブ”の中で歌った声は編集無し。


近所に”天然リバーブ”バッチリの短いトンネルがあるのだが、最高に良い響きなのだ!

いつだったか夜中に、妹と二人で”モーツアルト”をふざけて歌った思い出がある(笑)

いつかあのトンネルの中で、思い切り歌って収録したい・・


*******************************

「Pavane」M.Ravel  /voice・Mami Ishizuka



スクリーンショット 2018-07-31 17.15.51.png


nice!(0)  コメント(0) 

風が待ってる〜 2018

こんな動画、撮ってもらいました。


「風が待ってる」 作曲:石塚まみ/作詞:石塚まみ・藤木和人・TOMA



Video live-recording & mixed by Matt Ishizuka, with Coco windchimes
Filmed by Matt &?Keiko Zinke
Video produced by Matt Ishizuka?
Garden Studio [コピーライト]2018?


この曲は20代後半、私が中学校の教員をやっていたころ、丁度埼玉の実家から自転車で田んぼの横を通ったら、

風が吹いてきて、何にも心配いらないよ??というフレーズが聴こえてきました。


あの時は、なぜ、そのフレーズが聴こえてきたのか(降りてきたのか)意味がわからなかったけれど、

今思えば、あの時私は人生についてとても悩んでいた時期でした。


アルバム『思い出の空』、『Mami Ballads』に収録されてます。

自分の曲なのに、毎回新鮮な気持ちで、弾き語るたびに違うのですが、

このバージョンは、自宅のピアノで自然体でで歌ってます。






スクリーンショット 2018-07-21 10.36.23.png



nice!(0)  コメント(0) 

天然パーマ

私は子どもの頃から天然パーマで、3歳あたりまでころころに太っていたので

テンプルちゃんと言われてました。


その後はロングだったりショートだったり・・

高校時代〜24歳までは、ロングでソバージュ・パーマをかけていました。

25歳あたりからはベリーショート、ショートボブを繰り返し、

半世紀年を重ねた今は、なんとなくショートのスタイルが続いてます。


最近「少し伸ばしてみようかな?」なんて思い、癖っ毛を生かしたスタイルにカットしてもらったのですが、

洗ったまま寝ると、翌朝には”くるっくる”の爆発ヘアスタイルになることを再発見!

年とるごとに、癖が強く出てくるのでしょうか。


スクリーンショット 2018-07-20 11.40.09.png


この方が私には合ってるかも(笑)


いろんな人に会うたび「まみちゃん、パーマかけたの?いい感じだね〜!」っと言われ、

天然パーマだと答えるとびっくりされます。


2歳の時の自分と並べてみたら笑えました。


スクリーンショット 2018-07-20 11.38.13.png





nice!(1)  コメント(0) 

「ピアノ調律師」〜TWO PIANO TUNERS 〜

6月26日に開催した「おとな絵本の朗読会」にて、中井貴惠さんと共演したM.E.Goffsteinの「ピアノ調律師」〜TWO PIANO TUNERS 〜 について、M.E.Goffsteinさんの旦那さまが、Facebookで紹介してくださいました。

今回は、天国のゴフスタインさんに捧げる気持ちも込めて公演したので、思いが届いたならとても嬉しいです。


 
 
スクリーンショット 2018-07-06 10.35.34.png
スクリーンショット 2018-07-06 10.35.52.png
 

nice!(0)  コメント(0) 

「おとな絵本の朗読会Vol.2」

「おとな絵本の朗読会Vol.2」@LIVING ROOM CAFFE&DINING



6月26日、中井貴惠さんの朗読と私のピアノ(歌&作曲)のコラボで半年ぶりのライブでした。
今回は私が大好きな絵本「ピアノ調律師」の再演と、貴恵さんが20年前からずっと温めていらっしゃったという絵本「パパのカノジョは」を初演!貴恵さんの自然体で深く心に沁み入る朗読を聴いていると、まるで絵本の登場人物が目の前に飛び出してきたような、空から舞い降りてきたような、夢の世界にいるような・・そんな不思議な気持ちになります。今回も言葉では伝えられないほどの感動がいっぱいありました。


 


曲を書き、貴惠さんと一緒に作り込んで行くやりとりも、ステージでピアノを奏でているときも幸せで、未だ余韻に浸っています。


 


「ピアノ調律師」の作者・ゴフスタインさんは、昨年の12月にご自身の77歳の誕生日に他界されました。実は私はこの春、ゴフスタインさんに会いに行こうと思ってました。その願いは叶いませんでしたが、魂の深いところで、ゴフスタインさんと貴恵さんと3人で繋がっているような・・そんな気がします。


そして「パパのカノジョは」は、タイトルは??ですが(笑)、とても大切なことを気づかせてくれる絵本です。この本に出てくる”カノジョ”=エリザベスをイメージして、ヘアメイクの野坂朱子さんに、ぶっ飛びバクハツヘアを作っていただきました。お陰で更にテンション上がって、ステージ盛り上がりました(笑)

 

中井貴恵さん、制作の北原葉子さん&スタッフのみなさま、そしてたくさんのお客様、いつも温かな音を作ってくださる、ピアノ調律師の伊藤力生さんに感謝です。

 

スクリーンショット 2018-06-30 23.44.34.png

 

※中井貴惠さんとの朗読コンサートは、豊橋PLATにて、11月10日に予定されてます。詳細が決まりしだい、HPにてお知らせいたします。


nice!(0)  コメント(2) 
前の5件 | -