So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「おとな絵本の朗読会Vol.2」

「おとな絵本の朗読会Vol.2」@LIVING ROOM CAFFE&DINING



6月26日、中井貴惠さんの朗読と私のピアノ(歌&作曲)のコラボで半年ぶりのライブでした。
今回は私が大好きな絵本「ピアノ調律師」の再演と、貴恵さんが20年前からずっと温めていらっしゃったという絵本「パパのカノジョは」を初演!貴恵さんの自然体で深く心に沁み入る朗読を聴いていると、まるで絵本の登場人物が目の前に飛び出してきたような、空から舞い降りてきたような、夢の世界にいるような・・そんな不思議な気持ちになります。今回も言葉では伝えられないほどの感動がいっぱいありました。


 


曲を書き、貴惠さんと一緒に作り込んで行くやりとりも、ステージでピアノを奏でているときも幸せで、未だ余韻に浸っています。


 


「ピアノ調律師」の作者・ゴフスタインさんは、昨年の12月にご自身の77歳の誕生日に他界されました。実は私はこの春、ゴフスタインさんに会いに行こうと思ってました。その願いは叶いませんでしたが、魂の深いところで、ゴフスタインさんと貴恵さんと3人で繋がっているような・・そんな気がします。


そして「パパのカノジョは」は、タイトルは??ですが(笑)、とても大切なことを気づかせてくれる絵本です。この本に出てくる”カノジョ”=エリザベスをイメージして、ヘアメイクの野坂朱子さんに、ぶっ飛びバクハツヘアを作っていただきました。お陰で更にテンション上がって、ステージ盛り上がりました(笑)

 

中井貴恵さん、制作の北原葉子さん&スタッフのみなさま、そしてたくさんのお客様、いつも温かな音を作ってくださる、ピアノ調律師の伊藤力生さんに感謝です。

 

スクリーンショット 2018-06-30 23.44.34.png

 

※中井貴惠さんとの朗読コンサートは、豊橋PLATにて、11月10日に予定されてます。詳細が決まりしだい、HPにてお知らせいたします。


nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

kiki

mamiさん 今回も楽しい朗読会でしたね。
どちらも、とても楽しいのと同時に、大切な事を気付かせてくれるお話しでした。
前回も感じたのですが、mamiさんの感性は素晴らしい!!と思います。
絵本を読んで、何もないところから音楽を作り出す。それも、絵本にピッタリの音楽を。
貴惠さんの朗読とmamiさんの音楽があるからこそ、あの素晴らしいステージができるんだな感じます。
これからも、シリーズ化してくださると嬉しいです。
最後に、貴惠さんのリクエストで歌った「いのちの歌」mamiさんの持ち歌かと思うぐらい素敵でした。
by kiki (2018-07-01 01:19) 

maming

kikiさん、絵本の世界、楽しんでいただけてよかったです。貴惠さんとのコラボレーションはこれからも大切に温めてゆきたいと思っています。既に、次ぎの作品の曲のスケッチを始めていますので、乞うご期待!
あまり、日本のポップスで心に沁みる曲に出会えないのですが、「いのちの歌」の歌詞、沁みました。
ありがとうございました!
by maming (2018-07-28 11:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント