So-net無料ブログ作成

12/22(土)中井貴惠のおとな絵本の朗読会『ピアノ調律師』

昨年の12月20日、ご自身の77歳の誕生日に他界された、絵本作家・MBゴフスタインさんを偲んで、神保町のブックハウスカフェ・サロンにて、追悼イベント『ピアノ調律師』が終わりました。昼・夜ともに満席の中、貴惠さんの沁み入る朗読と私のピアノでお送りしました。


丁度1年前に『ピアノ調律師』を初演してから今回で4回目の朗読会ですが、いつも新鮮で、新しい発見があるから不思議です。書き下ろしのテーマ曲のほか、コンサートのシーンでクラシックの名曲を弾く場面もあり、私のピアノ生活と重なる部分も多々あり、この絵本からいろんなメッセージを受信します。


スクリーンショット 2018-12-24 11.30.40.png


ゴフスタインさんが遺した ”最期のことば” の朗読と共に「Pray ~祈り」を奏でられたことも、私にとってはとても嬉しかったです。涙を流されてるお客様もたくさんいらっしゃって、胸がいっぱいになりました。


それにしても...

以前、名古屋のLovelyに出演した時に、お客様からプレゼントされた絵本『ピアノ調律師』がきっかけで、こんな素晴らしい展開になるとは・・・。もしかしたら、ゴフスタインさんと貴惠さんと私は、魂の深いところで繋がってるのかな?なんて思いました。(と信じたい!)


スクリーンショット 2018-12-24 11.31.42.png


ずっと眠っていたサロンのピアノを、朝から丁寧に調律してくださった伊藤力生さんありがとうございました。

スタッフのみなさま、たくさんのお客様、そしてゴフスタインさんと貴惠さんに感謝です。


中井貴惠さんとの”おとな絵本の朗読会”は来年も展開予定。
この冬は、ゴフスタインさんの「ゴールディのお人形」の曲作りに入ります。
※ゴフスタインさんが遺した ”最期のことば” は、「おばあちゃんのはこぶね」の最後に掲載されてます。ご興味あるかたはご覧ください。


スクリーンショット 2018-12-24 11.32.29.png

(幼少の頃からお世話になっている、ピアノ調律師の伊藤力生さんと。伊藤さんは”心を読み”、ピアノを愛しピアノの音を創り出すアーティスト。まるで絵本「ピアノ調律師」に出てくるルーベンのようです)




nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

台灣的王san

我從18歲第一次聽到你的鋼琴聲就深深的喜歡
那個作品是Madoka’s Piano Files
這麼多年西村由紀江的鋼琴已聽不到以前的西村由紀江了
也有可能是我變了
ki miのピアノはまったく変わっていません
感情いっぱい

by 台灣的王san (2018-12-25 14:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント