So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

じゃないコンサートVol.4 @秋田 [ライブ]

9月29日(土)”じゃないコンサートVol.4”@秋田にて終了。


今年も、サックスのTOMAさんとDUOを中心に、

秋田のみなさまと、心地よいひとときを過ごしました。


スクリーンショット 2018-10-02 11.54.51.png

(2部の最初に、飛び入りで子どもたちと”キラキラ星”セッション!手前の男の子は、私の左側でずっとピアノのハンマーの動きを見つめていました。後半は体でリズムとってノリノリ・笑)


司会は昨年に続いてDJの保泉久人さん。

今回も詩の朗読コーナーで私のピアノと共演。

保泉さんの温かくて深く心に響く声を聞きながら、即興でピアノを奏でていると、

なぜか、NYにいるような気分になるから不思議でした。


スクリーンショット 2018-10-02 11.54.19.png


みなさんが描いた絵に、即興でピアノを奏でる「音のスケッチコーナー」も大盛況。(”泥棒の絵”を描いてくれた男の子いました・笑)


スクリーンショット 2018-10-02 11.56.30.png



そしてサプライズで、山形在住・オカリナ奏者の菅原るみちゃんと初共演。

るみちゃんのお人柄あふれる優しい音色でうっとり。

ハートあふれるサックスのTOMAさんのストリートライブコーナーも・・。


このイベントの主催&企画担当の”NAOのたまご”代表・佐々百合子さんの細やかな事前準備、

ボランティアスタッフのみなさん、そして参加してくださったお客様に感謝します。
スクリーンショット 2018-10-02 11.56.22.png
(TOMAさん、菅原るみちゃん、保泉久人さん)
終演後、重度の障がいを持つお子さんのお母様が、「今年もまた息子と一緒に参加できて、よかったです!また来年もきます!」っと、声をかけてくださいました。そう言ってもらえて、私も嬉しかったです。
みんな気負わず自然体で音楽を楽しめる空間創り=”赤ちゃんからお年寄りまで、誰でも参加できるコンサート”は私のライフワーク。


夏は「 まみのなつまつり」@東京

秋は「じゃないコンサート」@秋田


これからもずっと続きますように。

そしてまた来年も、秋田へ演奏に行けることを楽しみにしています。





スクリーンショット 2018-10-02 12.03.53.png


(終演後、ピアノセッションした女の子と、昨年も参加してくれた兄弟からいただきました。ありがとう!)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レコーディング [音楽]

フォトグラファー原田京子さんの写真と、私のピアノ・ヴォイスで紡ぐコラボ展 ”Spanish Sentiment" に向けて制作中のアルバム・レコーディングが終了。

10年以上前だろうか・・
京子さんのスペインを旅した時の写真を見せてもらった瞬間、懐かしさと眩い光で胸がいっぱいになりキュンとした。して、空からメロディが降りてきた。
京子さんは魂を撮る。だから、私の魂の深いところに響く・・。
 
今回のアルバムは、写真からインスパイアされて書き下ろした10曲を私のピアノとヴォイスで収録。久しぶりに、ピアノ=自分の奥深くと向き合った時間だった。スタジオは”Studio 246"。アルバム「Round midnight」のジャケット撮影で、2000年に初めて原田京子さんと出逢った場所。
アルバムのメイン曲は、フラメンコ歌手の石塚隆充(TAKA)にカンテとパルマで参加してもらった。そして現在TAKAのマネージメントを担当し、学生時代は東京外語大フラメンコ部の部長を務めていた瀬戸雅美さん(アテネミュージック&アーツ代表)にもパルマで参加してもらった。思い返せば、TAKAが初めてフラメンコの修行でスペインのカディスに上陸した時、雅美さんも踊りの修行で合流。そして当時パリ在住の妹と私もカディスを訪ね、みんなで過ごした懐かしい日々をふと思い出し、"Spanish Sentiment"の言葉が重なった。


スクリーンショット 2018-09-25 10.13.08.png


エンジニアの樽岡大志さんとTOMAさん(サックス奏者/元・青山ビクタースタジオ・エンジニア)の潔いディレクションも小気味良く、今までで一番リラックスしてピアノ・ソロを収録できたような気がする。ずっと立ち会ってくださった、ピアノ調律の早川氏にも感謝。アルバム完成までに、これからいろいろな作業が待っているけれど、とても楽しみなプロジェクト。

原田京子さんと共に、ずっと温めてきたこのコラボ展は11月30〜12月2日迄の3日間、生音の響きが心地よい尾山台のFlussにて開催。ライブは11/30&12/2の両日開催。ぜひお越しください。詳細→http://d.hatena.ne.jp/mamingpiano/


 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

パイプオルガン(3)


8月25日(土)、川口リリアホールにてパイプオルガン発表会に出演。
今回はメンデルスゾーンのプレリュードを演奏。

パイプオルガンを人前で演奏するのは今回で2回目。
今年の11月で、50年目を迎える”ピアノ生活”とは、比べ物にならない。
ピアノは体の一部になっているけれど、オルガンは真逆。
わずか1年ちょっとしかレッスンしていない私が、1曲でも演奏させていただけたことに感謝である。


4歳のとき、大阪万博の会場で聞いたパイプオルガンの音が忘れられず、
50の手習いで始めた”パイプオルガン”との時間。

私にとってピアノを弾いてる時も”祈り”の時間だけれど、

パイプオルガンとの時間は、精神安定剤のような”祈り”の時間になっている。


スクリーンショット 2018-08-26 11.08.13.png


巨大な楽器との対話。
パイプオルガンを通して、音楽の神様との対話は
まだ始まったばかり。



これで私の夏は終わり。

9月からは心を集めて、アルバム制作に入る。


nice!(0)  コメント(0) 

「第5回まみのなつまつり」満員御礼! [音楽]

8月19日(日)「第5回まみのなつまつり」バリアフリーコンサート、満員御礼!

今年は秋のような心地よいお祭り日和の中、「光」をテーマに、ピアノを囲んで大盛り上がり!!笑いと感動の1日でした。


スクリーンショット 2018-08-23 16.15.27.png
(終演後・記念撮影)


1部はmamiソロ。アトリエひらりさん作の美しい”灯”がともる中、ベートーヴェンのソナタ「月光」からスタート〜チラシの絵を描いてくれた故・八田淳さんとのエピソードから生まれた、新曲「夕間暮れのうた」も初演。


スクリーンショット 2018-08-23 16.17.42.png

2部は「mamipiano de のど自慢」。2歳〜◯◯歳まで、6組のみなさんが参加。

それぞれに素晴らしくて、ピアノ弾きながら感動しました。


スクリーンショット 2018-08-23 16.17.21.png

3部はTOMAさんとTAKAとライブ。トマさんの「愛しき星」、TAKAの「ブレリアス」、飛び入りでブラジルの作品を演奏してくれた父・石塚智彦にも感謝。


スクリーンショット 2018-08-24 20.49.27.png  スクリーンショット 2018-08-24 20.49.43.png



合唱団Los Mamiosとの共演も、昨年よりもパワーアップしてあたたかなハーモニーが生まれました。「Heal the world」のイントロで、ぶっつけ本番で、お祭り参加者のみなさん(7名)による”朗読セッション”もあり、演奏しながら涙でした。


39589349_2010905215596398_1173249937006133248_n.jpg


スクリーンショット 2018-08-23 16.17.10.png


ライブと同時進行でペインティングと立体アートでパフォーマンスしてくれた、かりや淳子さんと山本茜さんの作品もきらきら輝いて、天国にいるはずの八田淳さんも降臨(初回からチラシ絵を担当)。DJのDr.SUSHIさん、どんぐり細工コーナーで参加してくれた、幼馴染の柴崎彰利さんもありがとう。



スクリーンショット 2018-08-24 21.03.29.png



スクリーンショット 2018-08-23 16.18.07.png



朝からピアノ調律してくださった伊藤力生さん、スタッフ、出演メンバー、合唱団Los Mamigosのみなさん、本番ギリギリまで準備をして会場作りや”のど自慢”の司会進行(”Heal the world”朗読の翻訳・台本作りほか)&舞台監督として支えてくれた瀬戸雅美さん、そして遠くは九州、東海地区からもおこしくださった、たくさんのお客様、ありがとうございました。


スクリーンショット 2018-08-23 16.15.47.png

(なつまつりの主役とも言えるピアノを、朝10:00から調律してくださった、伊藤力生さん)


今回は予想以上のお客様が来てくださり、お席のご用意等その他いろいろありましたが、ぜんぶひっくるめて”お祭り”ライブ。唯一無二の”音祭り”が無事に終わることができ、参加してくださった全てのみなさまに感謝です。
来年は、私のピアノ生活50年。
次回はどんな企画になるかわかりませんが、私が元気な間は続けて行くつもりです。




金子みすゞさんの言う通り・・

 「みんなちがって みんないい」



スクリーンショット 2018-08-23 16.16.59.png

(山本茜作:どんぐり細工アート)


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Pavane (アカペラ)

「亡き王女のためのパヴァーヌ」という邦題で親しまれている、モーリス・ラヴェル作曲の「Pavane」。

私が幼少の頃から大好きなピアノ曲。


10年くらい前、ボイスとマリンバのDUOのために編曲して以来、

ボイスとピアノ(弾き語りスタイル)で演奏を続けている。


いつだったか八ヶ岳をさんぽしてたら、とても心地よい”天然リバーブ”の空間に出逢った。ふ〜っと声を出したら気持ちよくて、片っ端から好きな曲を唄いまくり(ちょうど人もいなかったので)、iPhoneで収録。


その音源を聴きながら、たまたま八ヶ岳で撮りためてあったスナップ写真を重ね、

iMovieで動画を作ってみた。


「なんて便利な世の中だろう・・?」


メカに弱い私が、こんな動画をアップするのも不思議な気持ち。

”天然リバーブ”の中で歌った声は編集無し。


近所に”天然リバーブ”バッチリの短いトンネルがあるのだが、最高に良い響きなのだ!

いつだったか夜中に、妹と二人で”モーツアルト”をふざけて歌った思い出がある(笑)

いつかあのトンネルの中で、思い切り歌って収録したい・・


*******************************

「Pavane」M.Ravel  /voice・Mami Ishizuka



スクリーンショット 2018-07-31 17.15.51.png


nice!(0)  コメント(0)